土地活用とは

土地活用とは、自分が使っていない土地を有効に利用して経済的な利益を得ることです。日本の土地事情も年代によって変遷がありました。

電卓まず戦後の日本では、金融機関が融資をするときは土地を担保にするのが一般的だったこともあり、事業をおこなう際は土地を所有することが大前提で、資産としてとても価値のあるものでした。1960年代には日本の国土面積の限界や持ち家に対する憧れなどから、土地の価格は下がらないという「土地神話」が生まれました。1980年代後半は土地神話に加えて右肩上がりのバブル経済で、土地を転売するだけで大きな利益を得ることができました。

金融機関も地価が異常なほど高騰した土地を担保に、企業へ次々と多額の融資をしたのです。1990年代前半になると、国は欧米と比べて低かった固定資産税の負担と土地の売買ででた差益の税負担を強化しました。この政策に加え金融機関への総量規制の導入により、土地を担保にした融資の拡大が抑えられ、地価の高騰に歯止めがかかりバブル経済は終わりを迎えました。

現在では土地の値上がりが期待できないばかりでなく、所有しているだけで毎年の固定資産税や都市計画税、所得税や相続税などのコストがかかります。今や土地は所有する時代から賢く活用する時代になっているのです。土地活用は広大な土地を持つ資産家がおこなうイメージがありますが、そんなことはなく最近では狭小地でも有効活用を考える若い世代も増えています。自分の持っている土地の価格がいかほどのものなのか分からない人も多いと思います。最近ではこうした人達のためにインターネットなどで簡単に土地査定ができるサービスがあります。必要項目を入力するだけで、数社から査定額をだしてもらえるので比較もできます。土地活用をしようと思ったらまで価格相場を調べるところから始めてみると良いでしょう。